さて、前回は腸内環境の話をさらっとしましたが
カラダを強くすることで大切なことをもう一つ。

皆さん、よく噛んで食事してますか?

生きることは食べること。
よく噛む(咀嚼する)ことは、生命を維持する上でとても大切なことであり、カラダにおいて様々な効果をもたらします。

①脳の活性化
頭部の骨や筋肉が動き、血液循環がよくなることで脳神経が刺激され、脳の働きが活発になる。

②唾液の分泌
消化酵素のアミラーゼが含まれていて、胃腸の消化吸収を促進する。また、唾液には免疫物質が細菌を減少させたり虫歯や歯周病の予防的にもなります。
また、ペルオキシターゼという蛋白質には発ガン性物質の発ガン作用を抑えたり、老化などカラダに悪影響を及ぼす活性酸素を抑制します。

③顎を鍛える
強い生き物はみんな顎が強いって知ってました?
歯が丈夫になり噛む力が強くなるとカラダの力も強くなります。
顎が十分に発達しないと歯並びが悪くなり、運動能力が低下します。
また、しっかりとよく噛むことにより扁桃強化にもなります。

④情緒安定
ゆっくりと時間をかけて味わって食べることで、緊張をほぐし、精神を安定させてストレス解消にもなります。
自律神経系も整い、腸内環境や消化器官の働きも高まります。

⑤肥満防止
しっかり噛むことで満腹中枢を刺激し、必要な量で満腹感を得られる。
よく味わいながら食べることで味覚も高まり、食事がより美味しく感じられるので作ってくれた方に感謝の気持ちも強まる(←大事!)

⑥美容効果
口の周りの筋肉を使うことであごの発達を助け、表情も豊かになり、しわやたるみの予防となり若々しい印象となります。顔のラインもすっきり引き締まるので小顔効果があり、さらに歯並びの乱れを防ぐ効果もあるので顔全体の印象が変わってきます。
また、顎関節症の予防にもなります。

いかがでしょうか。
ざっと簡単にお伝えしましたが
カラダの不調は咀嚼不足からくるとも言われる所以です。

コロナウィルスだけでなく
様々な病気の予防の一つとして
ゆっくり、しっかり、よく味わいながら噛むことをぜひ日々の生活の中に取り入れてみて下さいね!



#静岡#静岡市#清水区#狐ヶ崎駅#徒歩五分#楽体#癒し隠れ家楽体#鍼灸#吸い玉#整体#モルフォセラピー#光線治療#咀嚼#免疫力#コロナウィルス
#shizuoka#shimizu#rakutai#acupuncture#moxibution#manualtherapy#morphotherapy#phototherapy#chewing#immunity#coronavirus
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj