原因の分からない
カラダの右半分の辛い痛み

病院で何度も検査してみても
何も問題はないとのこと。

生活環境から
ストレスの蓄積もかなりあるようでして
脈を診てみたら、もう
消えかかるような非常に弱い脈状でした。

これだけ脈が弱まってれば
なにやったってなかなか治るわけもなく
カラダに気力を取り戻すよう
先ずは強心処置を施しました。

しばらく留鍼しておくと、少しずつ脈が出てきて
15分もしたら芯のある脈状にまで回復。

あとは他の処置も施し、所見の反応が消え
顔の表情もとても良くなり
痛みの反応もだいぶ緩和されました。

脈にも、本当にいろんな表情があるけれど
その脈状であらゆるカラダの状態を
うかがい知ることが出来ます。

そんな命の鼓動を
この細い鍼で高めさせたり抑えたり
調律させることが出来るんだからスゴい。

先日、NHKでも東洋医学のその効力に
エビデンスが確立されつつあると放送されてましたね。

東洋医学の世界は
これからもますます面白くなりそうです。

̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj